スキーやスノーボードだけがウィンタースポーツじゃない!

一つ目はスイス発祥のエアボードと呼ばれる。空気を入れたゴム製のボードに、うつ伏せの態勢で乗り、雪上の斜面を滑走する。何といっても最大の魅力は、スピード感とスリルです。自分の体重も加わるために、スピードの勢いが何とも言えないスリル感を味わえます。

雪山、冬山を遊びつくせ!

二つ目はスノーシューと呼ばれる道具を履くことで雪山の自然をいろいろな角度から観察して、大自然の営みを知ることができます。そして、三つ目のデュアルスノーボード。両足のそれぞれ左右にボードを装着して、雪山を滑走します。いずれも注目されているウィンタースポーツです。

雪山を滑走するマシン!

スノースクートは雪上の自転車とも呼ばれています。わかりやすく言うとキックボードの車輪がないものをイメージして、車輪ではなくボードがついています。自転車のようなハンドルが装備されており、自転車に乗りこなしていれば、早い時間で感覚をつかめるでしょう。    

おすすめリンク

宿泊付きスキーツアーが人気

電車で行かれるスキーツアーは宿泊付きが人気です。スキーの後の疲れを癒すことも出来るので大満足!

雪の斜面を滑走するエアボード

毎年、冬の季節を楽しみしている方も多いと思います。だけどスキーやスノーボードといった、ウィンターアクティビティもいいけど、そろそろ少し違ったアクティビティにも挑戦したいし、楽しみたいという方もいると思います。

とはいえ、冬季オリンピックで行われているような競技は難しそうですよね。クロスカントリースキー、ノルディックスキー、スキージャンプなど初心者が始めるには少し敷居が高いような気もします。

かといって、スピードスケートやフィギュアスケート、アイスホッケーは技術も必要だし、難しいそうということでますます気持ちが遠ざかります。そこで今回は、少し珍しい、これから人気が上がるであろう、ひそかなに火がついているアクテビティースポーツをご紹介したいと思います。

ここで紹介する、エアボード、スノーシュー、デュアルスノーボード、スノースクートは高い技術を必要とないのが特徴です。なので、初心者や子供から年配者までやる気があれば挑戦でき、楽しむことができます。新しもの好きな私たちですから向き不向きを知る絶好の機会かと思われます。

ただし、あんまり浸透していないため、遊べるスキー場が限られてきますので、まずは事前にスキー場を調べてみましょう。スキー場では体験や試乗できる場所もありますのでご確認ください。また、ツアーの中に組み込まれているので、検索するのも一つの選択だと思われます。中には流行の先端を取り入れ、必要な道具や装備をレンタルしているところもあります。